• >研究開発
  • >精鋭のフコイダン研究陣
  • 研究開発 フコイダン研究開発

    精鋭のフコイダン研究陣

    三木康成

    海産物のきむらや
    開発研究室 室長
    三木康成

    主な研究内容

    フコイダンの機能性評価

    科学的知見の確立を目指す

    フコイダンの生理活性に関する研究を、主に鳥取大学と行っています。2005年度から33件の共同研究を鳥取大学医学部、農学部獣医学科、工学部と行いました。今後も研究を進め、科学的知見を確立します。

    舟越 稔

    海産物のきむらや
    開発研究室 主席研究員
    理学博士 舟越 稔

    主な研究内容

    フコイダンの作用機構の解析

    作用の解明へ向けて

    これまで大学の研究室で、遺伝子の研究を行ってきました。現在、生物学と化学の技術を駆使して、フコイダンがもつ機能性が細胞に対してどのように作用するのか、分子のレベルで解き明かすことを目指しています。

    川本仁志

    海産物のきむらや
    開発研究室 主任研究員
    農学博士 川本仁志

    主な研究内容

    フコイダンの基礎研究・多面的な分析

    ヒトレベルへの分析、検証

    主に大学の研究室で、フコイダンがもつさまざまな機能性についての基礎研究を行っています。研究室レベルからヒトレベルへの研究の懸け橋として、動物に対しての分析や研究の科学的検証を行っています。

    阿部 直

    海産物のきむらや
    開発研究室 研究員
    阿部 直

    主な研究内容

    フコイダンの多様な健康維持作用の模索

    フコイダンの新たな用途の探求

    健康な人を対象にした研究を行い、海藻の機能性の新たな可能性を模索しています。フコイダンの新たな用途の商品化を目指し、フコイダンの科学的知見の権利化、論文化に取り組んでいます。

    山田敏之

    海産物のきむらや
    開発研究室 生産技術担当
    山田敏之

    主な研究内容

    フコイダンの生産管理および品質向上

    生産の最前線で製品の品質を管理

    フコイダンが安定して生産できるように、フコイダン工場の製造工程を管理しています。また、フコイダンの抽出、精製をはじめとした多くの製造工程を調整、改良し、最適な品質が得られるよう、日々努めています。

    梶谷俊介

    海産物のきむらや
    開発研究室 研究員
    梶谷俊介

    主な研究内容

    フコイダンの統計的な作用の検証

    評価方法を多面的に検証

    大学の研究室では魚類の生態学的な調査を行ってきました。現在生物学と統計学の技術を応用することで、フコイダンが与える様々な影響の因子を解析し、評価方法の検証を行います。

    野崎大蔵

    海産物のきむらや
    開発研究室 研究員
    野崎大蔵

    主な研究内容

    フコイダンの細胞への影響を検証

    細胞の変化を逃さず解析

    大学では、ES細胞から分化した心筋細胞に含まれるペースメーカー細胞への選択的な分取と発現系による評価を行ってきました。現在は細胞学の知識をもとに、フコイダンがどのようなメカニズムで細胞に作用するのか、詳細に検証しています。

    高分子もずくフコイダン研究支援陣

    笠木 健

    海産物のきむらや 技術顧問
    鳥取大学名誉教授
    医学博士 笠木 健

    主な研究内容

    味覚および消化吸収分野を専門とし、フコイダンの新たな機能性成分の解明

    さまざまな健康成分について着目

    フコイダンがもつさまざまな機能性について、作用メカニズムを研究し、どのように健康成分が働くかを、倫理面を重視しながら健常者などを対象に、鳥取大学医学部と共同で研究しています。

    池田 匡

    海産物のきむらや 技術顧問
    鳥取大学名誉教授
    医学博士 池田 匡

    主な研究内容

    代謝学を専門とし、食品成分の臨床的機能性研究に着目

    身体の状態を医学的に評価

    食品素材等に含まれる成分について、培養細胞や動物における基礎試験の結果をもとに、さまざまな医療情報の調査と検討を行い、段階的に臨床研究しています。

    平松喜美子

    海産物のきむらや 技術顧問
    島根県立大学 教授
    社会学博士
    平松喜美子

    主な研究内容

    社会学と看護学を専門とし、食品の心身への影響を解明

    食事支援としての機能性を評価

    噛むことや飲み込むことが困難になった方へ、食事支援として食品成分の機能性を応用した商品開発を行い、どのように食事が心身に影響を与えるかを評価研究しています。